つまり、アーレンズがアップルの販売戦略にもたらすことができるもの――それはアジアでの存在感を高めるノウハウだ。バーバリー レディ ース 時計アップルの販売戦略部門はこのところちょっと奇妙だ。かつての責任者だったロンジョンソンが大手デパートのJCペニーのCEO になるためにずいぶん前に辞めた。イギリスの大手家電量販店の経営者だったジョンブロウェットが彼の後任になったが、早々にクビになった。アップ ルのようなハイエンド製品を作りデザインに敏感な会社にとって、彼らのスタイルは不似合いだった。バーバリー レディース財布
その後、アップル内部からの候補者として有力視されていたジェリーマクドーガルも1月に退社した。ただ、こうした経営陣の混乱にもかかわらず世界 市場におけるアップルの海外店舗の状況は悪くない。悪くないどころか良好だ。世界中でもっとも上手くいっている企業の1つと言ってもいい。どの指 標で見ても圧倒的に成功している。
だからこそアップルは新しい販売店をもっと作らなければダメだ。とにかく沢山だ。アメリカ国内には、もう目ぼしい地域はあまり残っていない(もっ とも、ワシントンDCのダウンタウンにもう1店舗作ることを提案するが)。世界の人口分布と経済成長を考えたら、販売拡大を行う地域がアジアとい うのは理にかなったことだ。
つまり、アジアの地域をよく知っている幹部が欲しい、ということになる。中国の昆明のどの場所がよさそうで、だめなのかを見極められるような知識 だ。少なくとも、目ぼしい地域を探し出せる人物が必要になる。
アーレンズはこの条件にピッタリ合う。アメリカ人の彼女は、高所得者層向けの誰もが知るブランド企業を経営してきた実績があり、アジアでの店舗拡 大に力を入れてきた。これこそ、アップルの販売戦略部門に必要なことだ。
[サンフランシスコ/ロンドン 15日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)は小売りオンライン販売の戦略事業拡大執行 担当の上級副社長に英高級ファッションブランド、バーバリー ビジネスバッグ(BRBY.L: 株価, 企業情報, レポート)のアンジェラア ーレンツ最高経営責任者(CEO)を起用する。